新人PGの学び

プログラマーの卵のlog

postfix の設定やmaillogの確認

postfixの転送先設定ファイル

/etc/postfix/main.cf


relayhost

転送先の上位メールサーバを指定できる設定値。


fallback_relay

デフォルト配送先に配送できないときの配送先


設定値による挙動

relayhost:無し、fallback_relay:無し

 どこにも転送を行なわず、そのサーバからの配信のみ


relayhost:無し、fallback_relay:有り

 そのサーバからの配信を試みるが、失敗したらfallback_relayへ転送


relayhost:有り、fallback_relay:無し

 relayhostに転送・再送する


relayhost:有り、fallback_relay:有り

 relayhostに転送し、fallback_relayへ再送する


設定反映後

postfixのサービス再起動

/etc/init.d/postfix reload


maillogの確認

/var/log/maillog/


maillogの追跡

※問題や処理は syslogd に記録
※日時、ホスト名、syslog_name、postfix内部プログラム名、プロセスID、メッセージ の順

postfix/pickup:ローカルメール(内部配送)の収集

デーモンは新しいメールが maildrop ディレクトリに入るのを待ち、そ
れを cleanup(8) デーモンに送る。
間違った書式のファイルは作成者に 通知せずに削除される。

postfix/cleanup:メッセージのカノニカル化およびキューの発行

デーモンは入ってきたメールを処理し、incoming メールキューに入れ
て、キューマネージャに到着したことを知らせる。
それぞれのメッセージに問題がないかチェックし、デフォルトではクライアントに診断ステータスが返され、問題をクライアントが取り扱うようにする。
または問題が起こったらクライ アントが cleanup デーモンに、メッセージを送信者にバウンスするように要求できる。

postfix/qmgr:キューマネージャ

デーモンは入ってくるメールの到着を待ち、Postfix 配送プロセスが配送
するための準備をする。
size=800 メッセージのサイズ
nrcpt=1  メッセージの配送先
※メーリングリストのメンバー数が表示
  • ファイル

/var/spool/postfix/incoming, incoming キュー

/var/spool/postfix/active, active キュー

/var/spool/postfix/deferred, deferred キュー

/var/spool/postfix/bounce, 非配送状態

/var/spool/postfix/defer, 非配送状態

/var/spool/postfix/trace, 配送状態


postfix/smtp:

SMTP サーバはネットワーク接続要求を受け取り、1接続につきゼロまたはそれ
以上の SMTP 処理を行う。

受信したそれぞれのメッセージは cleanup(8)
デーモンにパイプで渡され、incoming キューに単一のキューファイルとしておかれる。


ログを検索する場合

上記のように一連のログは、キューIDが同じなので
1、grep メールアドレス maillog で検索し、該当のメールキューIDが判別
2、grep キューID maillog のように再度キューIDで検索すると良いかも


/var/log/maillog(送信)

postfix/picup[17166]: C7640280020: uid=48 from=<XXX@XXX.com>

pickupプロセスが送信メール(キューID:C7640280020)を検出した

uid:送信者のユーザID

from=<XXX@XXX.com>:送信者のメールアドレス


postfix/cleanup[17482]: C7640280020: message-id=<C7640280020@XXX.inner.com>

cleanupプロセスがメールをキューに保管した


postfix/qmgr[3323]: C7640280020: from=<XXX@XXX.com>, size=800, nrcpt=1 (queue active)

キューマネージャー(qmgr)がキューに保管されたメール(キューID:C7640280020)を発見した

メールサイズ:800byte

nrcpt=1:宛先数が1つ


postfix/smtp[17484]: C7640280020: to=<YYY@YYY.com>, orig_to=<YYY@YYY.com>, relay=ZZZ.com[ZZZ.ZZ.ZZZ.ZZZ]:25, delay=0.07, delays=0.04/0/0.01/0.02, dsn=2.0.0, status=sent (250 ok 1472524725 qp 3370)

smtp配送プロセス(smtp)が、キューID:C7640280020のメールを配送した

宛先:YYY@YYY.com

relay:メールがZZZ.ZZ.ZZZ.ZZZに配送済み

delay:配送の遅延(秒)

status=sent:相手正常に配送


postfix/qmgr[3323]: C7640280020: removed

キューマネージャー(qmgr)がメールをキューから削除した

参考になるサイト